ホームセキュリティは不要?セコムとアルソックの利用者の評判・口コミ

ホームセキュリティの口コミ

ホームセキュリティ検討中の悩み

  • 本当にホームセキュリティって効果あるのか
  • セコムとアルソックの違いがわからなくて悩む
  • セコムとアルソックで安くてお得なのはどっちか
  • セコムとアルソックで安心なのはどっちか

など…

引っ越しや共働きによる子供の見守り、遠く離れた親の安全確保など、様々なシーンで導入の検討がされるホームセキュリティですが、

ホームセキュリティを導入しようとしている方々は、「ホームセキュリティの効果」や「セコムとアルソックの違い」に多く悩まされております。

実際に、Yahoo!知恵袋に「ホームセキュリティ」や「セコム アルソック」と検索すると数千件の類似のお悩みを確認できます。

そんな方々のために、「ホームセキュリティのメリットとデメリット」を整理した上で、「セコムとアルソックの特徴」について徹底解説いたします。

ホームセキュリティの口コミ評判を分析して分かったメリットとデメリット

出典:ALSOCK

ホームセキュリティを導入するべきなのか?をはっきりさせるために、マンションコミュニティみん評Yahoo!知恵袋を参考にして、ホームセキュリティ加入者の合計500を超える評判を徹底的に分析いたしました。

クリック:ホームセキュリティの口コミを見る

どっちも同じです。セコムにしろアルソックにしろ、加入すると
シールを貼ってくれるので、それを見た泥棒や強盗が、その家に
入らなくなることが一番の効果ですので。
不法侵入すると、外に大きなサイレンが鳴ったり、警戒灯が点滅
することが知られているので、抑止力になります。(引用元

警報やカメラを設置すること被害を防いだり犯人の特定をすることが出来るので加入して損というわけではないと思います。(引用元

一番の意義は「抑止効果」です。
外部から見てステッカーやフラッシュランプなどでセキュリティを導入していることがわかることで一定の犯罪抑止に繋がります。
「逆に守るべき金品があると思われる狙われ易いのでは?」と意見をよく聞きますが、実際にはその様なことは稀で、抑止になる効果の方が大きいです。

二番目は、実際に襲われてもセコムや警察が駆けつけてくれることです。
侵入された際は在宅、留守を問わずブザー音とランプの点滅で威嚇し、その後の犯罪を躊躇される効果が期待できます。
また、非常通報ボタンについては強盗や押し売りなどに遭遇した場合に押すもので、こちらはブザー音は一切鳴らず相手に気付かれずに通報することが可能です。

第三には日常の安心感です。
女性や子供だけで在宅しているときや長期留守中などのときも、何かあれば人が駆け付けてくれることで、常に安心感が得られると思います。(引用元

ちなみに勘違いしてる人が多いですが、警備員は警察のような特別な権限を持っているわけではなく、一般人と同じです。なので警備しているから犯人を捕まえてくれるわけではありません。被害の拡大防止と早期発見のためであり、最低限の施錠などの自己防衛の上成り立つものです。(引用元

ホームセキュリティのメリット

メリット

  • 防犯ステッカーやセンサーによって、空き巣などの犯罪抑止力となる
  • 侵入者をアラートで警戒させて未然に犯罪を防いでくれる
  • 留守時に子供やお年寄りの安全確保ができる
  • 万が一の際に、警備員の駆けつけによって被害を最小化してくれる
  • 万が一の際に、証拠が残って犯人の特定が容易となる
  • 導入費や月額は年々安くなっており、値切り交渉も可能である

ホームセキュリティのデメリット

デメリット

  • 月額3,000~5,000円の料金がかかる
  • 導入時にセンサーなどの取り付け工事が必要となる
  • 防犯カメラはオプション機能のため別途費用がかかる
  • 加入から5年よりも早く解約すると違約金がかかる
  • 警備員といっても一般人のため、犯人逮捕などの法的権利は与えられていない
  • セキュリティレベルを高めすぎると誤操作などでアラートが鳴ってしまう
  • セコムとアルソックの違いが分かりづらい

セコムとアルソックを比較した人の口コミ評判からわかったそれぞれの特徴

セコム(SECOM)とアルソック(ALSOK)の違い

アルソックとセコムの違いを明確にするために、マンションコミュニティみん評Yahoo!知恵袋を参考にして、アルソックとセコムの加入者の合計300を超える評判を徹底的に分析いたしました。

クリック:セコムとアルソックを比較した人の口コミを見る

どちらでもいいが規模が大きいのはセコムです。(引用:Yahoo!知恵袋

セコムは数多くの特許を取得しており、他社には提供出来ないサービスもあります。

また、セキュリティ関連の機器を設計から開発、製造まですべて自社で行っているのはセコムだけで、他社は電機メーカーなどの機器を使ってサービスを行っています。(引用:Yahoo!知恵袋

セコムは、セコム本体か直営の子会社が、サービスを提供するので、品質が均一。
自社でシステム開発から、センサー開発しているので、各所がオリジナル。
一方、アルソックは、地方は、フランチャイズ方式なので、サービスにばらつきがある。(引用:Yahoo!知恵袋

月額料金はALSOKの方が安いと思いますが、システムやサービス全般で決めるならセコムの方が勝っていますよ。

セコムは「防犯監視」「火災監視」「非常通報」が基本セットとなっていて、ALSOKは「防犯監視」と「非常通報」が基本セットで、「火災監視」はオプションで選ぶようになっています。

ちなみに、設置する装置もセコムはすべて自社開発したものですが、ALSOKは電気メーカー製の機器を取り付けるようになります。(引用:Yahoo!知恵袋

セコムは、センサーの設計~保守まで一貫して、自社とグループ会社やっております。

一方の、綜合警備保障は、センサーは、既製品を買い、設置と一部保守をやっております。

だから、警備料金に差がでます。

一般的には、両社同じサービス内容です。
ただ、綜合警備保障は、フランチャイズなので、地域ごとに品質で言えば異なります。

最新のセンサーがいいなら、セコムを超える会社はないです。
自社で、センサーの開発してるのは、セコムだけですので

お金で選ぶか品質やセンサーの機能で選ぶかの違いですよ(引用:Yahoo!知恵袋

正直なところ、どちらを選んでもそんなに大差はありません。
強いて言うならば、《警備員待機所が自宅に近い方》が良いです。
現場到着が早いに越した事はありませんので。

イメージとしては、SECOMは業界No.1のブランド力と各種業種で培った多様性。ALSOKは業界No.2だがリーズナブルで警備業一筋。
といったところでしょうか。(引用:Yahoo!知恵袋

セコムとアルソックならセコムでしょうね。
泥棒被害時の保険が標準で付帯します。
両方の見積もりを取れば分かりますが、実際に比較するとセコムの方が格安です。(引用:Yahoo!知恵袋

私はセコムを使っております。
一番の違いは、セコムはライフカードと言うものでセットと解除をします。
ALSOKは暗証番号でセットと解除をします。(引用:Yahoo!知恵袋

ホームセキュリティを付けたくセコムとアルソックの見積りを取りましたが、レンタルプランでは、月額は大差なし。
ただし、買い取りプランではアルソックの方が安価となっています。(引用:Yahoo!知恵袋

私はアルソックもセコムも両方の会社で働いていた経験がありますが、対応を考えたらセコムのがよろしいかと思います。
防犯センサーなどの機器類もアルソック等は他社製品を使用してますが、セコムはすべて自社で開発生産もしているのでメンテナンスなども早いです。(引用:Yahoo!知恵袋

セコムの特徴

セコムの良い点と悪い点

  • 圧倒的な知名度で契約数No.1の実績があって安心
  • 外国人からも知られているので訪日外国人への犯罪抑止力もある
  • 機器や警備員がセコムグループですべて管理されているため高品質
  • 見積もり時に値引き対応してくれる
  • アルソックよりもWeb上の料金は高いイメージがある

アルソックの特徴

アルソックの良い点と悪い点

  • 業界No.2の契約数で知っている人も多い
  • 機器が外国製であり壊れやすいという口コミがある
  • 警備員が外部委託(フランチャイズ)のため対応の質にバラつきがある
  • セコムよりもWeb上の料金は高いイメージがある
機器の品質や警備員の対応力ならセコムが優勢!しかし、料金ではアルソックの方が安いという口コミも多数あり。質ならセコム、料金ならアルソック。

口コミだけで選ぶのは危険!セコムとアルソックのそれぞれの担当者にきかないと分からないこと

ホームセキュリティの値切り交渉
見積もり時にチェックすべきポイント

  • 警備員の待機所から自宅への距離はどれくらいか
  • 不要なセキュリティを取り除いてどこまで値段を下げれるか

警備員の待機所から自宅への距離はどれくらいか

ホームセキュリティを選ぶ際に、「家まで駆けつけてくれるスピード」です。

例えば、警報がなったときに、警備員が家に到着するまでに60分もかかるのと、たったの5分で駆けつけてくれるのではどちらが安心/安全でしょうか?

もちろん、後者だと思います。

そのため、万が一の事態が発生したときに、警報がなってから警備員が家まで駆けつけてくれるスピードは重要です。

この駆けつけのスピードは、警備員の待機所から家までの距離で決定されるのですが、この情報はネット上に公開されておりません。

注意点

セキュリティの観点から、警備員の待機所の情報はセコムもアルソックも公開していません。そのため、見積もり時に、それぞれの担当者に問い合わせてヒアリングする必要があります。

不要なセキュリティを取り除いてどこまで値段を下げれるか

ホームセキュリティは、一度契約したら長くお付き合いする月額制のサービスなので、価格は外すことのできない大事なポイントです。

実は、ホームセキュリティは値段交渉が可能で、定期料金や工事費などの値下げが可能なのです。

例えば、不要なセンサーの数を減らしたり、ライバル会社の方が安いことをアピールしたり…。

この値段交渉は、お見積り時に担当者の人が調整してくれるので、ホームセキュリティ導入前に意識的に行いましょう。

ホームセキュリティの値切り交渉

【実証】ホームセキュリティは値引き可能!営業マンが実践した値下げの方法

2018/04/22
注意点

ホームセキュリティを言われた定価で契約しないようにしましょう。セコムもアルソックもライバル関係にあるため、料金を戦わせることで値下げが可能なケースが多いです。

まとめ

ホームセキュリティを導入することで、日々の安心をお金で買うことができます。

しかし、そこで悩まされるのが「セコム vs アルソック」。

どちらも似たようなサービスを提供しているので比較するのは困難ですが、口コミ評判の総評として、「質ならセコム」「価格ならアルソック」ということがわかりました。

ただし、これだけで即決はNG。

自分の家に合ったホームセキュリティを選ぶためには、「警備員がどれくらい早く家まで駆けつけてくれるか」「どこまで値下げを対応してもらえるか」を事前にチェックする必要があります。

ぜひ、セコムとアルソックの2者で資料請求・見積もり依頼をして、ベストなホームセキュリティを選ぶようにしましょう。

SECOM(セコム)の資料請求

セコムの公式サイト

セコムの公式サイト

無料で資料請求・見積もり

ALSOK(アルソック)の資料請求

アルソックの公式サイト

アルソックの公式サイト

無料で資料請求・見積もり

まずは資料請求をしてご自身の生活に合ったプランを探してみましょう。良いプランがあったら、プロに見積もり相談することがオススメです。契約前に、セコムとアルソックは必ず比較しておきましょう。

ホームセキュリティ会社の月額料金を比較 >>