最短1週間からホームセキュリティを契約できる!CSP留守宅ガードの評判・口コミ

ホームセキュリティをお選びの方の料金に興味がある方は、ホームセキュリティの値切り術を先にご覧ください。たった3分読むだけで月額料金をガクンとさげるヒントを得られます!

ホームセキュリティの値下げ交渉術 >>

短期ホームセキュリティの留守宅サービス

短い間だけホームセキュリティを利用したい!という方のために提供されている短期ホームセキュリティ「留守宅サービス」をご存知でしょうか?

短期で契約できるホームセキュリティですが、お値段やサービス内容などをしっかりと理解した上で契約する必要があります。

CSPセントラル警備保障が提供する留守宅サービスを契約する前に、注目すべきポイントをご紹介いたします。

CSPの留守宅ガードとは

セントラル警備保障の留守宅ガードは、最短1週間19,700円から利用できるホームセキュリティです。

工事不要の侵入者を検知するセンサーを家の中に設置し、センサーが感知したら警備員(ガードマン)が駆けつけてくれます。

旅行や出張時のみホームセキュリティをピンポイントで短期間だけ利用したいという方には便利なサービスといえます。

留守宅ガードの概要

留守宅サービスは、最短一週間から利用することのできるホームセキュリティサービスです。

工事不要のセンサー機器をレンタルして、家に設置します。

センサーが感知したときに、警備員(ガードマン)が駆けつけてくれます。

留守宅サービスの流れ

留守宅サービスの流れ

料金・費用

留守宅ガードは、最短で1週間から利用することができます。

セキュリティコントロール1台、空間センサー3台、リモコンをレンタルした際の期間ごとの料金は以下の通りです。

期間 留守宅ガード
1週間 21,276 円(税抜 19,700円)
2週間 23,760 円(税抜 22,000円)
3週間 26,352 円(税抜 24,400円)
1ヶ月 28,944 円(税抜 26,800円)
2ヶ月 39,312 円(税抜 36,400円)
3ヶ月 49,680 円(税抜 46,000円)
4ヶ月 60,048 円(税抜 55,600円)
5ヶ月 70,416 円(税抜 65,200円)
6ヶ月 80,784 円(税抜 74,800円)

部屋数が多いお家の場合は、空間センサーを追加料金1週間1台あたり1,000円でプラスすることができます。

注意点

2週間前に申し込みが必要

留守宅ガードを利用するには、警備開始希望日の2週間前までに申し込みをする必要があります。前日などに申し込みをしてもサービスを利用することができないので、予定が決まり次第、早めに申し込みを済ませるようにしましょう。

鍵を預ける必要あり

万が一の時に警備員(ガードマン)が駆けつけて対処できるように、事前にカギを警備会社に預ける必要があります。

電話回線が必要

警備機器の設置には電源(AC100V)と電話回線が必要となります。

サービス提供可能エリア

提供エリアは、北海道、宮城、福島、東京、神奈川、埼玉、千葉、群馬、静岡、愛知、大阪、兵庫、京都、滋賀、岡山、広島、福岡のみのエリア限定です。

メリットとデメリット

留守宅ガードのメリット

決められた料金を支払うだけで、短期だけで契約できるのが最大のメリットです。

通常のホームセキュリティだと短期で解約したら違約金が発生しますが、CSPの留守宅ガードであれば、決まった料金のみの支払でサービスを利用できます。

1週間の家の警備を約20,000円というお値段は多少割高ではありますが、ちょっとした旅行や出張のときにはぴったりといえます。

留守宅ガードのデメリット

必要最低限の防犯センサーのみが備わっていることがデメリットといえます。

通常のホームセキュリティは、窓の開閉センサーも加わっており、侵入を防ぐ力が働きますが、留守宅ガードには、開閉センサーは付いておらず、空間センサーのみです。

あくまでも侵入された時に、空間センサーが感知して警備会社に自動通報してくれるのみということになります。

もちろん、空間センサーだけでも十分というケースがほとんどなので、言い方を買えると最低限のサービスのみを残してお値段をできる限り抑えたホームセキュリティともいえます。

留守宅ガードの口コミ

出張の時に妻と小さい子供だけを残すことになったので利用しました。家族が家にかえる前にリモコンでセンサーをオフにして、外出するときにオンにすることを徹底してもらいました。やっぱり出張先では気がかりでしたが、何かあったときに自分の代わりに駆けつけてくれるという安心感がありました!
2週間の旅行に行くために、契約をしました。電話回線が必要とのことで固定電話を引いていなかったので利用できるか心配でしたが、電話回線の差し口があればOKだったので安心しました。
たった1週間のために、警備会社から説明を受けたり、センサーを設置したり、合鍵を預けたりと思ったよりもやることがたくさんでした。。警備していただく上では当然なのですが、準備は大変なのですね。
夫の単身赴任先を訪ねるために家を空けるので、2週間契約しました。やっぱり駆けつけてくれる警備会社のホームセキュリティがあると安心ですよね。欲をいえば、外出中に家の中の様子も確認したいなーと思いました。

まとめ

短期契約できるホームセキュリティのCSPセントラル警備保障の留守宅ガードは、いかがでしたでしょうか?

1週間2万円ほどから「警戒センサー」「警備員の駆けつけ」サービスが付帯されているのでお得なサービスといえます。

ただし、一つのホームセキュリティに狙い撃ちするのはリスクです。

複数のホームセキュリティと比較した上で、ご自身にあったサービスを選ぶようにしましょう。

資料請求をすると、実際にお宅まで担当の方がきて、親身になってサポートしてくれます。

SECOM(セコム)の資料請求

セコムの公式サイト

セコムの公式サイト

無料で資料請求・見積もり

ALSOK(アルソック)の資料請求

アルソックの公式サイト

アルソックの公式サイト

無料で資料請求・見積もり