ホームセキュリティに抑止力はある!?空き巣や強盗から守る防犯効果

ホームセキュリティの抑止力

ホームセキュリティは、価格も安くなっており、一般住宅にも取り入れることができるサービスになってきております。

しかし、ホームセキュリティを導入することで期待したいのが「犯罪の抑止力」。

空き巣や侵入窃盗を行う泥棒にとって、ホームセキュリティは本当に犯罪の抑止力となるのでしょうか?

警視庁が行ったアンケート調査にもとづいて、犯罪の実情とホームセキュリティの特徴についてご紹介します。

ホームセキュリティとは

出典:ALSOCK

出典:ALSOCK

ホームセキュリティとは、生活の安心と安全を守ってくれるシステムです。

具体的には、防犯機器を使って家の内外を監視して、非常事態にはガードマン(警備員)が駆けつけてくれます。

10年ほど前までホームセキュリティは、豪邸にしか設置しないものという考え方がありましたが、現在では一般家庭に導入されているサービスです。

この背景には、犯罪の巧妙化、訪問の押し売り被害・ストーカー被害などの増加によりホームセキュリティ需要の高まりがあります。

また、共働きによる子供の見守りや、高齢化によるお年寄りの安否確認など、サービス内容は拡充されております。

需要が高まった結果、警備会社同士の価格競争が働いて、一般の方が比較的安くサービスを利用できるようになっているのです。

ホームセキュリティは、人々の生活で水道や電気のように、当たり前に使う生活インフラになりつつあるといえます。

防犯カメラや防犯ライトだけじゃだめなの?とよく聞かれますが、ホームセキュリティとの一番の違いは、緊急事態にガードマンである警備員がすぐに駆けつけてくれることです。

空き巣(侵入窃盗)の現状

賃貸でも持ち家でも、住む家がある以上は空き巣のリスクはつきまとってきます。

1年間で約7.3万件の侵入窃盗が報告されており、1日当たり200件の被害が発生していることになります。

自分には関係ないと思っていても、空き巣や窃盗、強盗が発生してからでは遅いので、できる限りの対策が求められます。

空き巣の現状

出典:警視庁

中でも、一戸建とマンションの低層階が空き巣などの侵入窃盗の被害に遭いやすいという傾向にあるため、ご自身の住環境と照らし合わせてみてください。

ホームセキュリティの抑止力

そもそも、侵入窃盗をする泥棒にとって、どのようなことが犯罪の抑止力となるのでしょうか?

実際に犯罪を行おうとした人・もしくは犯罪歴のある人に警視庁が行った調査をもとに、犯罪を諦める時の理由を集計しました。

空き巣が諦める理由のグラフ

出典:財団法人都市防犯研究センター

空き巣被害の抑止力となるNo.1は、意外にも「近所の人に声をかけられた」というものでした。

近年は、近所付き合いが減ってきているといわれておりますが、近所の助け合いは犯罪を抑止する上で重要といえます。

それに次ぐ大きな理由をみてみると「ホームセキュリティならではの抑止力」が働いていることがわかってきました。

「セキュリティシステムが整っていた」「防犯カメラが設置されていた」「センサーライトがあった」「防犯看板が掲げてあった」という4つものホームセキュリティ関連の理由が組み込まれております。

犯罪を諦める理由ランキング

  1. 近所の人に声をかけられた
  2. 補助錠が設置されていた
  3. セキュリティシステムが整っていた
  4. 犬を買っていた
  5. 面格子が付けられていた
  6. 防犯カメラが設置されていた
  7. 警察官に出会った
  8. 防犯ガラスになっていた
  9. センサーライトがあった
  10. 防犯看板が掲げてあった

泥棒にとって、ホームセキュリティが大きな抑止力となっていることがわかります。

効果的な空き巣対策について >>

我が家の周りの半分以上(新築のお宅はほぼ9割以上)は「セコム」か「ALSOK」のステッカーが貼ってあります。1軒だけ、築5年ほどのきれいな家でステッカーの貼っていないお宅があるのですが、昨年、窓を割られて空き巣に入られていました。やっぱりホームセキュリティのステッカーの威力はすごい!!と思っていました。
セコムのシールが貼ってあるだけで防犯効果があるというのは本当だと思います。私はマンションですがとなりの家がピッキング被害にあい、泥棒に入られた際、私の部屋は前の人がはがし忘れていたセコムのシールのお陰か全く無傷でした。(鍵は同じ仕組みなので入ろうと思えば入れたはず。)
現在住んでいる賃貸マンションに、セキュリティとして「ALSOK」のサービスが付いています。引っ越しを決める際に、ALSOKという有名なセキュリティ会社と契約していることも、このマンションを決めた1つの理由になりました。入居時のALSOKの方からの説明もわかりやすく、また実際の操作も簡単で助かっています。例えば、夏に開けていた窓を閉めた際に、鍵をロックするのを忘れていると、アラームでお知らせしてくれます。ちょっと出かける時も、長期間家を空ける時にも、このサービスがあると安心感が違います。玄関や窓などにシールが貼ってあるだけでも、防犯効果があるのではと思っています。

防犯効果を発揮するグッズ3選

犯罪を諦めた理由からもお分かりいただける通り、ホームセキュリティを導入することで、「防犯カメラ」「センサーライト」「警備会社のステッカー」が外観に設置されるため犯罪の抑止力となります。

ホームセキュリティの犯罪を抑止するグッズ

犯罪を抑止するホームセキュリティ

泥棒や空き巣の心理として、ホームセキュリティが導入されていることで「防犯カメラに映った映像が証拠になって逮捕されてしまう」「数分以内に警備員がやってくる可能性がある」などのリスクが頭をよぎります。

ホームセキュリティのステッカー >>

まとめ

ホームセキュリティを導入することで、侵入窃盗の抑止力になることがわかりました。

特に、一軒家やマンションの1-3階(ベランダに登りやすいところ)に住んでいる方にとっては、ホームセキュリティが大きな犯罪の抑止力となります。

空き巣は、暴行に発展する強盗に被害が及ぶことも多いので、ご家庭に小さなお子さんやお年寄り、若い女性のいる方は特に注意が必要です。

泥棒が避けたがる家づくりをするために、まずはホームセキュリティの導入を検討するようにしましょう。

ホームセキュリティは高いイメージがありますが、月3,000円から始めることのできるプランもあります。

SECOMとALSOKの資料請求・お見積もりは無料でできるので安心です!

SECOM(セコム)の資料請求

セコムの公式サイト

セコムの公式サイト

無料で資料請求・見積もり

ALSOK(アルソック)の資料請求

アルソックの公式サイト

アルソックの公式サイト

無料で資料請求・見積もり

まずは資料請求をしてご自身の生活に合ったプランを探してみましょう。良いプランがあったら、プロに見積もり相談することがオススメです。契約前に、セコムとアルソックは必ず比較しておきましょう。

ホームセキュリティ会社の月額料金を比較 >>